在宅勤務は自宅で仕事をするといった性質上、仕事、プライベートの明確線引きあいまいなケースが多いです。そして、在宅勤務は会社、上司が自宅で働く社員業務の進捗直接見られなくて、オフィスで勤務するのと違い仕事の結果などで評価されるのが考えられますが、これを避けるには上司などと業務成果目標、評価法をしっかり話すことが大事です。そうしなくては在宅勤務社員とオフィス勤務社員の間に不平等が生まれてくるはず。そして、在宅勤務はネットのアプリ、携帯電話で会社と連絡取れますが、上司と直接顔合わせ仕事するのはほぼなくなります。結果業務上でのコミュニケーションが滞ったりコミュニケーション不足が生じてくるケースがあります。そして、会社オフィスで顔合わせてれば、同僚や上司の雰囲気からお互いの業務進捗、優先度以外にモチベーション変化も察知できたりします。ですが、同じオフィス内にいない在宅勤務社員は、この共有が難しくて、これはモバイルワークなどで働くときも共通しています。そして在宅勤務導入なら暗黙の了解、雰囲気で仕事すすめることがないよう注意して、オフィスワーカーと在宅の間で情報格差、温度差なるべく生じないように配慮してください。そして在宅勤務といった方法を取り入れるのは、介護でキャリア中断せざる得ない、遠方在住で出社難しいような方でも働くことができたりします。これは大きいメリットであり、在宅勤務成功のために、オンとオフの切り替えや情報共有に注意して、必要な制度など検討して導入すすめていってください。そして、在宅ワークのメリットは時間に余裕が生まれます。通勤時間、身支度に時間さくことがなく、その分時間を作業時間にあてら絵rます。そして女性なら朝のメイク時間亡くなって、時間に余裕出来たりします。そして、電話応対、急な依頼などオフィスにいればイレギュラーな業務が発生していて、在宅ワークはこうしたほかの作業依頼されることないので、自分が請け負った作業に集中可能です。そして、企業に務めるときに悩みの種になりやすいのは職場の人間関係で、考え方などことなる方が集まってる以上はどうしても摩擦が起きてくるものです。その点で在宅で仕事をすrば社内外の方とのやり取りメールが中心で、必要以上にかかわることなくなって来ます。付き合いのためのみに飲み会参加することもありませ。そして交通費は言うでもなく、昼食代など、交通費以外にもコストかかっていて、在宅ワークは服装指定がなくて、スーツ購入の必要性がないです。